カテゴリ:貸切( 6 )
ボリューム抑えて~!
今日は特殊な貸切仕事?とでも言うべきか・・・

とある場所に新築された巨大マンション群。
未だ完全に入居(全世帯完売しているらしい)はしていないのだが、そこの入居者の子供達(小学生)の学校が国道を渡ったちょい遠い所(本来の学区にある小学校では受け入れられないらしい。理由は色々と・・・)にあるためマンションの管理販売会社からの依頼で専用車輛を新たに購入しマンションと学校を専用スクールバスとしてピストン輸送している。

現在は未入居世帯がまだ多いので、朝の登校時と午後の下校時のみの輸送なので間に430分の休憩がある。ピストン回数は登校時1,5往復、下校時4,5往復なので仕事的には”超楽”なんだが、まぁバスの中はさながら小学生の遠足(引率の先生の居ない)状態。
車内はパチンコ屋より騒がしいボリューム全開のスピーカーを積んで走っているかのよう!

いやんなっちゃう位に騒がしいが元気な子供達に注意する気もなく運行中は我慢我慢。
子供と言えど挨拶はみんなキチンとしてくれるので関心させられる事もあったりと・・・

出来ればもう少し”ボリュームを抑えて”くれると嬉しいのですが無理でしょうね。

来年の4月にはもっと増えると思うので楽出来るのも今のうちかも・・・
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-11-28 20:24 | 貸切
京都弾丸ツアー
今週は紅葉真っ盛りの

「京都高雄・嵯峨野・嵐山」夜行日帰りツアーへ行って来ました。

夜行日帰りって超ハードスケジュール(お客様にも我々にも)

夜21時頃千葉と津田沼から乗客を乗せて京都観光をし翌日の22時過ぎには千葉・津田沼でそれぞれ乗客を降ろしているのだから約全行程を25時間で仕上げるだもんね。夜行日帰りと言うより”弾丸ツアー”と言っても過言ではないのではないかと一人思ってしまうほど。

千葉を出発し湾岸市川で最初のトイレ休憩後一路京都へ向けバスを走らせる。次の休憩ポイントは”浜名湖SA”(一気にここまで走ったのです)走行時間約210分!超シビレルネ!!!
日報に時間記入してトイレにダッシュだ。
次のポイントは”草津PA"草津??もう京都の手前じゃん!これぞ超ハードな弾丸でしょ!途中雨も降って来て天候も心配されましたが150分ほどで草津PA到着。京都東インターで降りるのなら手前の”大津SA”かと思いますが、意外に大津より草津の方がパーキングが空いているとの添乗員さん情報により草津でトイレ休憩です。(勿論一人で運転している訳ではなく先輩と交代で)
京都東インターを降りて1号線へ入り五条天神川から162号線へ入り高雄へ向かいます。高雄に向かう周山街道は途中からかなり狭く夜は山道で真っ暗なんですよ。


f0011960_9421727.jpg高山寺入口高雄Pには5時頃到着し車内食である朝食弁当を待ちながら待機です。到着した5時頃は全く景色など望めないほど真っ暗ですが明るくなるとまぁまぁでした。
我々が到着した時点では先着のバスは1台でしたが、時間の経過と共に狭い駐車場は瞬く間に一杯になります。(うちの営業所の京都泊まりツアーの一行を乗せたバスも来ました)
乗客が朝食を食べ終えたら神護寺入口までバスを戻し乗客はここで下車。バスはまた高雄Pへ戻り待機します。
乗客は神護寺から西明寺そして世界遺産の高山寺へと見学しバスに戻るのです。(乗客はこの3箇所を約150分で拝観(途中400段の階段あり)するので爺さん婆さんには、かなりきついスケジュール。案の定何人か早々と歩くのを諦めて戻って来たのです。)貴重な我々の休憩時間に・・・(^_^;)

f0011960_943571.jpg明るくなると路線バスを利用してくる観光客も続々来ます。ここはJRバスが運行していました。この時期だけに路線バスも満車でしたよ!

乗客が拝観を終え高雄Pを出る頃には周山街道は向う車で渋滞でした。


f0011960_9434929.jpgこの日のルートは次の嵐山まで「嵐山高雄パークウェイ」を通り車内から紅葉を見ながら嵐山へ向うルート。







f0011960_9442899.jpg「嵐山渡月橋」京都らしく人力車も活躍していました。
まぁここは”人・人・人”の山。バスは嵐山のレストラン嵐山Pへ到着ここで昼食をとりながら180分の待機です。
乗客たちは我先と昼食場所へ・・・来るのが遅くなると昼食をとるのも混雑で容易ではありません。各バスの乗務員や添乗員・ガイドさん達は専用の場所で昼食をとるので安心して腹一杯に・・・

f0011960_945395.jpg嵐山渡月橋前道路は渋滞路線バスも大変の様です。ここは京都バスと市営バスが走っていました。運転士さんのイライラが肌で感じられます。







f0011960_9453753.jpg我々一行は嵐山が最終地でしたので午後1時には帰路の途に・・・この時間に嵐山に向ってくる車やバスは大変です!全く進みませんから何時になるのか・・・

帰りは嵐山を出て京都南インターから一路千葉へ。大津SAでOPを積んで浜名湖・富士川・海老名と休憩し夕食は富士川で積んだ弁当を車内でとりながら帰路の途へ。
やはり連休の初日も重なって渋滞も激しかったのですが弾丸ツアーも無事に追え千葉へ戻ってきました。

車庫に着いたのは23時半でしたので疲れました。前日車庫を出たのが18時半でしたから29時間経っている事になります。
簡単に29時間と言っても走行時間を考えると本当にハードです。全走行距離は”1258キロ”でした。
今度はゆっくり泊まりで行きたいものです。
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-11-24 11:20 | 貸切
冬間近・・・
先日冬真直の高山にまた行ってきました。

f0011960_9214353.jpg既に周りの山々の頂には白い雪化粧が・・・あと一月もすれば真っ白になるのでしょうか。





f0011960_9231964.jpg到着した朝方はそれほど寒くはなかったのですが、逆に帰りの昼間の方がグングン気温が下がって寒かった。





f0011960_92475.jpgこの日の宿は「山間の隠れ家”甚左衛門”」
たぶんここが、”おやぢ”さんの言っていた「白米の美味しい宿」ではないでしょうか?飯はマジ美味かったよ!何杯もおかわりしていた方もいらっしゃいました。
結構TVなんかでも紹介されていて芸能人も多数来ているらしいよ。俺的には風呂が残念賞でしたね。



f0011960_9245252.jpg今回の運行指示ルートは帰りが”R158安房峠(安房トンネル)”から松本インターへ長野自動車道から中央道へ入るルートでこれが”超狭い”勿論初めて通る俺はギャラリーに徹し先輩にハンドルを握ってもらいました。
でも狭かったね!幾つもある途中のトンネルなんて大型同士が擦れ違うのはかなりやばい感じ。
俺がハンドル握っていたら危険です!

これで今年の高山は終わりです。また来年会いましょう!

今週は京都まで行ってきます。紅葉真っ盛りだろうなぁ・・・(プライベートでも京都なんて何十年ぶりになります。道は解らんし先輩の足手まといにならない様に頑張ります)
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-11-21 09:57 | 貸切
飛騨高山
先日、3日4日と2日間岐阜県は飛騨高山地方へ3台口で”ピュ~~”と行って来ました。

と言っても観光ではありません。ある団体(団体名は伏せます)の依頼で定期的に運行しているものですが、3日は夜21時ごろ千葉を発ち朝方高山市内の目的地に着け仮眠後午後に高山を発ち千葉まで戻ると言う運行です。

行きは文字通り夜行運行になります。道中が長く一気に休憩を挟みながら高山まで飛ばすので運転士はそれぞれ2マンで交代交代で運行します。

まずは3日の夜行運行ですが車庫から配車場所の千葉まで俺がハンドルを握り配車場所でTT観光さん1台と合流、4台で乗客を乗せ一旦待ち合わせ場所の湾岸幕張まで更に運転しハンドルを先輩運転士へ。
湾岸幕張で最終的に他の配車場所から来たTT観光さん1台と合流し計5台で一路高山を目指します。(これと同じ様な運行計画が実は同日全国各地で行われている為高山の目的地に着くと全国各地からバスが一挙に集結することになります。)

湾岸幕張で交通情報を確認し湾岸から首都高速9号線へ入り4号から中央道へ入ります。最初の休憩地点は談合坂です。談合坂で15分程度のトイレ休憩をした後先輩からハンドルを俺に交代します。

ハンドルを代わってから次の休憩地点を目指しながらヒタスラ中央道を下るわけですが登りのキツイ地点へ差し掛かると早めのシフトダウンを的確に行わないと一気に失速!してしまい先導車輛(俺は3号車)に離される始末。慣れない俺は追いつくのに必死でしたよ!
何とか次の休憩地点諏訪湖に着いてホッと一安心しトイレで一息・・・先輩にバトンタッチ。

この時期の深夜の夜風は涼しくて気持ちが良い物です。そしてハンドルを交代して次の休憩地点を目指します。
次は遂に中央道の中津川インターを降ります。一般国道沿いのドライブイン(DI)まで一気に走り抜けます。

中津川インターを降りると時間は深夜2時過ぎ。この時間ともなると都会の風景とは違い殆ど車も通りません。走っているのは何故か”バス”ばかり。
休憩地点の(DI)に着くと駐車場は貸切バスで埋まっています。そう我々と同じ様に各県の各地からバスで高山に入って来ているのです。
このドライブインで軽食(無料・・・団体さんの方で深夜にも拘わらずDIを借り切っている状態です。)を摂りながら皆と1時間間ほど談笑し最終目的地まではハンドルを交代して俺が運転する訳ですが、道中意外な事に気付きました。
一般国道をR257からR41へ入る途中に何箇所もドライブインがありますが”全て深夜にバスで満車状態”なのです。これには初の俺には驚きでした!
結局目的地まではバスの数珠繋ぎで最終的に乗客を降ろすと団体さんの指定したパーキング(この為に造られたバス専用プール)へ止めて運行終了です。早朝6時頃です。
f0011960_2311351.jpgこんな感じに綺麗に並べて駐車しています。しかも全国各地から全国各地のバスが集結していますので貸切バスがカラフルに数百台!!マニアには嬉しい後景ですよ!
そしてこのパーキングから仮眠宿泊所まで各宿泊所から迎えに来たマイクロに乗って移動するわけです。
仮眠宿泊所では食事(またまた無料で)をして温泉で疲れを癒し、しばし仮眠・・・夢の中へ。
しかし運転士の数はバスの2倍ですから凄い人数ですよね。色んなバス会社の制服が見れるのも結構面白いものです。(うちの制服は色に特徴あり過ぎでバレバレだけどね)

程よい仮眠から覚めて宿泊所からマイクロでバスプールへ行き午後14時頃に現地を発ち一路今度は逆に千葉を目指します。

帰路は中央道の八ヶ岳と石川で休憩を取り首都高速4号~9号~湾岸から穴川インターと走り抜け乗客を無事に降ろし車庫に戻り全ての運行を終えました。

何とも強硬な時間の中での運行なので正直疲れもありましたが初めて俺には楽しい限りでした。中々運転士同士でも長い時間一緒の時間を過ごしながら仕事をする事なんてないのでたまには良い物ですね。

次回も行けるか解りませんが機会があれば是非行きたいですね!でも疲れた・・・
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-10-07 19:29 | 貸切
見慣れぬ後景
あ~いつの間にかお盆期間にはいりましたねぇ~~~。

さらに、北京オリンピックも華々しく開催されて遂に各競技もスタートし、柔道の谷の銅メダルを皮切にメダルラッシュ??

金メダルは全て今のところ不思議と2大会連続の連覇ばかりですね。新しい金メダルも期待したいものです。

でも今回の北京オリンピックの開会式を録画しておいて見ましたが「結構感動」しちゃいました。
素晴らしい開会式ではなかったでしょうか!

仕事の方はと言うとお盆期間中は街中は結構空いていて走り易いのではないでしょうか。毎日がこうなら文句もないのですが・・・

f0011960_10572486.jpg最近車庫で珍しい後景を目撃しました。
そう何故か東武に西武です。
西武バスの貸切バスがうちの車庫を借りて休憩している模様です。滅多に無い後景でしょう。

最近俺も貸切を始める様になったのですが、待機時間が結構大変なのですよ!ツアー内様によっては、5時間も6時間も待機なんて事はざらでしょ!しかも今の季節は暑いのにエンジンを止めた車内ではとても待機出来るものではないしね。各施設に乗務員用の待機場所でもあればいいが・・・そんな施設は皆無に等しい状況で運転士やガイドさんの最大の悩みかも知れませんね。

f0011960_11134335.jpg先週は長瀞までマイクロバスの貸切で行ってきましたよ。
外環から大泉JCに入り関越の花園インターからR140号をひた走ると長瀞です。途中道の駅などで休憩し目的地へ・・・
当日の長瀞は天候にも恵まれ暑いの何の!汗だ~ラダらだよ。
f0011960_11182678.jpg山並みや荒川を望むと避暑地と言う感じが目で見て感じ取れるのですが、暑かったねぇ~~!
涼しい環境が物凄く欲しかったです。
まぁ今の俺には道を覚えるだけでも貴重な経験の一つなので「あ~だ、こ~だ」言っている立場にあらずですが。

次の貸切の仕事はいつ?どこ?になるなでしょうか。秋になれば大分涼しくなるだろうね。
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-08-14 11:24 | 貸切
初貸切
ご無沙汰しておりました~。

暑さと忙しさの所為にして更新を怠っておりました。

猛暑とは言えない程度の今日この頃なのに、こんな状況で果たして夏を乗り切れるのか??

以前所内で珍しく貸切要員の募集(貸切要員の新規養成)があったのだが以前から貸切の仕事に非常に興味があったし色々な仕事を経験しておくのも一つと思い手を挙げておいたのですが遂に先日の日曜日先輩の貸切運転士と共に川治温泉まで行って来ました。

内容はツアー会社の仕事で千葉、津田沼、松戸の3箇所からツアー客を拾って龍王峡で食事兼休憩を取り目的地である川治温泉のホテルまで送迎し回送で車庫まで帰ると言う”送り”仕事なるもの。(送りがあれば当然迎えもあるわけ)

正直貸切要員養成に手を挙げてから結構時間が経っていたので貸切要員養成の仕事が現実に決まってから柄にもなく緊張していた。
事前に先輩から貸切の心得を聞いてはいたが現実となると・・・

路線の仕事とは全く違うところがあるからだ。色々な観光地に行けるのは楽しいが現実には結構シビアに大変な仕事である。
はっきり言って経験が物を言うと言っても過言ではない。
それと貸切の先輩達は”車を大切にしている””愛する位の気持ちが必要”と言っても良い位に担当車輛を常に磨いているのです。貴重な時間を割いてでも・・・

今回お世話になった先輩がとても優しい先輩で貸切のイロハを一から教えてくれました。
f0011960_18464073.jpg
先輩の担当車輛は日野セレガ、ハイデッカーサロン仕様で”ピッカピカ!”
早速車庫から運転をさせてくれたのだが間違ってもタイヤ1本擦るなんて事は死んでも出来ないので緊張しながら運転しましたよ!
でも不思議と運転し易いと言うか乗り易いと言うか印象はAクラスと言った感じでしょうか。
運転席に座って最初に気付いた事は左が見えない、見えずらいと言う事です。貸切バスは冷蔵庫やボックスが周りを埋め尽くしている関係で左側が非常に見えず運転席に座っていると、とても圧迫感を感じました。それだけに、同伴者との息の合った安全運行が欠かせないと言うわけですね。

何も解らない初心者のペーペーに先輩は一つ一つ丁寧に教えてくれました。本当に感謝!感謝!です。
一応県別の地図を買い揃えてはいたのですが運行指示書にあるお店などは地図には細かく出ていません。事前に調べてはいたのですが解らず!
でも先輩は焦る事無く地図も見ずに一発で目的地に着くあたりは”尊敬”しちゃいます。(今の俺には到底無理)

それにしても何と楽しい一日でしょうか!これも先輩のお陰だと思いますよ!

これから一つ一つ、一歩一歩ですが貸切のイロハを学んで行きたいと思います。

今週の日曜は”長瀞”まで貸切です。(何処だ?長瀞って・・・)
[PR]
by san_makoto1129 | 2008-07-31 18:04 | 貸切